筋トレ

スポンサーリンク
ベンチプレス

ベンチプレスの種類12選!バリエーションを増やしマンネリ化を防止

ベンチプレスには通常のベンチプレスを含め、合計12種類あります。定番なものからマニアックなものまで、覚えておけば多角的に筋肉を鍛えることができますよ!バリエーションを増やしてマンネリ化を防ぎましょう!
ベンチプレス

ベンチプレスは毎日した方がいい?筋肥大には2日に1回がベスト

ベンチプレスは毎日した方がいいのか、それとも毎日しない方がいいのかという疑問を持っている方は多いと思います。結論を先に言ってしまうと毎日しない方がよくて、2日~3日に1回がベストです。なぜベンチプレスを毎日しない方がいいのか、2日~3日に1回がベストなのかを解説していきます。
筋トレ

レペティションマキシマム法を使って筋トレの回数・セット数・重量を決める

レペティションマキシマム法は筋トレで回数とセット数とそれに応じた重量を決めるときに使う計算方法のことをいいます。筋肉を大きくするのか、MAX重量をアップさせるのか、持久力をつけるのか、でトレーニングの反復回数とセット数とそれに応じた重量が変わります。そこでレペティションマキシマム法を使うと言うことですね。
スポンサーリンク
ベンチプレス

ベンチプレスでの効果的な回数とセット数を解説!

ベンチプレスでの回数とセット数の決め方がわからないですか?適当な回数と適当なセット数ではせっかくのベンチプレスが非効率になってしまいます!ベンチプレスをする明確な目的を決めることで効果的な回数とセット数を設定することができます。目的によってメニューが変わるということですね。
ベンチプレス

ベンチプレスでなぜブリッジを作る必要があるのか?作り方・コツを解説

ベンチプレスでのフォームはなぜ腰の部分にブリッジを作るのか疑問に思いませんか?重量アップと肩のケガ予防にはベンチプレスのフォームでブリッジが欠かせないからです。ベンチプレスでブリッジを作る理由とブリッジの効果・作り方・コツを詳しく解説していきます!
ベンチプレス

ベンチプレスの正しいフォーム・やり方を徹底解説!

ベンチプレスでのフォームは正しくできていますか?フォームを正しくするだけで筋肉の成長が段違いで良くなります。効果的に鍛えたいならとても大切です。またケガの予防にもなるので、ベンチプレスの正しいフォーム・やり方をマスターした方がいいです。逆に言えば、間違ったフォームだと筋肉の成長が遅れたり、ケガをしてしまいます。そこでベンチプレスの正しいフォーム・やり方を徹底解説していきます。
筋トレ

筋トレがどうしても続かない人がやるべきモチベーションを上げる方法

筋トレがどうしても続かない人は今すぐにこの記事を読んでください!2年間、週に2回~3回の筋トレを続けることができた僕の筋トレを続けるためのモチベーションを上げる方法を紹介していきます。
ベンチプレス

ベンチプレスで重量アップさせる方法は?重量を伸ばすメニュー8選

40kgから90kgまでコツを掴んでからは一気に成長した僕の経験を活かし、これからのさらなる成長の願いも込めて、ベンチプレスで重量アップさせる方法・重量を伸ばすためにやるべきメニュー8つを解説していきます!
ベンチプレス

ベンチプレス初心者はまずどうすべき?おすすめ重量・セット数解説!

しかしベンチプレスってなんだか始めるのが恐くないですか?ベンチプレスをやったことがない初心者はとくにそう思っているはず。少なくとも僕はベンチプレスを最初は始めるのに抵抗がありました。間違ったらケガをしたり、ジムにいるマッチョな方たちに怒られるんじゃないかとかw
ベンチプレス

ベンチプレスで80kgのレベルは?見た目やレベルアップ方法を解説

ベンチプレスで重量80kgを持ち上げれると中級者~上級者レベルです。だいぶ見た目の変化も現れ、筋肉が大きくなってきているはず。ベンチプレスで80kgを持ち上げれるとどのぐらいのレベルなのかと僕の身体の写真を使って見た目を解説していきます!
スポンサーリンク