ベンチプレス関連

ベンチプレス関連

ベンチプレスのバーの重さは?バーの重さも含める?

ベンチプレスを始めたばかりの方はバーの重さはどのぐらいなのか、持ち上げる重量にバーの重さも含めるのか気になりますよね。結論としてはベンチプレスのバー自体の重さはほとんどが20kgで、公式な大会で使われているのも20kgです。持ち上げる重量にバーの重さを含めます。
ベンチプレス関連

インクラインベンチプレスの効果や目安にすべき角度は?やり方を解説

インクラインベンチプレスは頭の位置が高くなるように角度をつけてベンチプレスを行うメニュー。効果は大胸筋上部をメインに鍛えることができるトレーニングに変化します。大胸筋のボリュームを出したいならインクラインベンチプレスを取り入れましょう。
ベンチプレス関連

デクラインベンチプレスの角度や代用方法は?やり方も解説

デクラインベンチプレスは頭が脚よりも低い位置になるよう角度をつけてベンチプレスを行うメニュー。効果としては大胸筋下部を鍛えることができます。主にデクラインベンチを使いますがフラットベンチでも代用が可能です。
ベンチプレス関連

ベンチプレスの種類12選!バリエーションを増やしマンネリ化を防止

ベンチプレスには通常のベンチプレスを含め、合計12種類あります。定番なものからマニアックなものまで、覚えておけば多角的に筋肉を鍛えることができますよ!バリエーションを増やしてマンネリ化を防ぎましょう!
ベンチプレス関連

ベンチプレス90kgのレベルは?見た目は?【写真あり】

ベンチプレスで重量90kgを持ち上げれるとほぼ上級者レベルです。見た目はかなり変化し、胸板のボリュームも出てきます。僕はMAX90kgなのでベンチプレスで重量90kgを持ち上げる人の身体はこんな感じなのかという見た目の参考になると思います。
ベンチプレス関連

ダンベルベンチプレスのフォーム・やり方・目安にすべき重量を解説!

ダンベルベンチプレスのフォーム・やり方・目安にすべき重量を徹底解説していきます。ベンチプレスと言えばバーベルですが、ダンベルでもベンチプレスをすることが可能です。ダンベルベンチプレスの正しいフォーム・正しいやり方で上半身を鍛えましょう!
ベンチプレス関連

ベンチプレスは毎日した方がいい?筋肥大には2日に1回がベスト

ベンチプレスは毎日した方がいいのか、それとも毎日しない方がいいのかという疑問を持っている方は多いと思います。結論を先に言ってしまうと毎日しない方がよくて、2日~3日に1回がベストです。なぜベンチプレスを毎日しない方がいいのか、2日~3日に1回がベストなのかを解説していきます。
ベンチプレス関連

ベンチプレスで広背筋が筋肉痛?ベンチプレスで広背筋が痛むのはおかしい!

ベンチプレスで広背筋が鍛えられるのかという疑問を抱いている方がいたので、その疑問の答えについて書いていきます。結論を言うとベンチプレスでは広背筋は鍛えられません。ベンチプレスで広背筋が筋肉痛になるならやり方が間違っている可能性があります。広背筋は引く動作で鍛えられ、ベンチプレスは押す動作なので真逆の動作なのでベンチプレスで鍛えられないのです。
ベンチプレス関連

ベンチプレスで80kgのレベルは?見た目やレベルアップ方法を解説

ベンチプレスで重量80kgを持ち上げれると中級者~上級者レベルです。だいぶ見た目の変化も現れ、筋肉が大きくなってきているはず。ベンチプレスで80kgを持ち上げれるとどのぐらいのレベルなのかと僕の身体の写真を使って見た目を解説していきます!
ベンチプレス関連

ベンチプレスで60kgはどのぐらいのレベル?壁を超えるための方法も解説

ベンチプレスで60kgを持ち上げられるようになると初心者から中級者にレベルアップしているほどの重量です。ベンチプレスの男性平均重量が約40kgなので、これを目安にすると重量60kgが中級者ぐらいだということがわかりますね。ベンチプレス重量60kgの壁を超えるための目安となる回数やレベルアップの方法を解説していきます。